ただの学生が微表情分析のスペシャリストを目指す

人種、性別問わず0.25秒以下で起こる表情の微妙な変化や会話の最中に見られるしぐさ。それらは意識的にコントロールできないため、非常に重要なサインであるのに見落とされがち。そんなことに興味を持ち独学で非言語コミュニケーションを学ぶことを決めた、ただの学生のブログです。

2020-04-13から1日間の記事一覧

海外ドラマ “Lie to me/ライトゥミー”から学ぶ微表情学分析学とFACS

今回は、私が微表情学、または心理学に興味を持つ大きなきっかけとなったアメリカの連続ドラマ“Lie to me/ライ•トゥ•ミー-嘘の瞬間” についてご紹介させて頂こうと思います。 当ブログのURLをご覧頂いた方は既にお分かりかと思いますが、当ブログのドメイン…