ただの学生が微表情分析のスペシャリストを目指す-志水勇之進-

人種、性別問わず0.25秒以下で起こる表情の微妙な変化や会話の最中に見られるしぐさ。それらは意識的にコントロールできないため、非常に重要なサインであるのに見落とされがち。そんなことに興味を持ち独学で非言語コミュニケーションを学ぶことを決めた、ただの学生のブログです。

2020-08-12から1日間の記事一覧

写真を撮る際に本当の笑顔を作ってはいけない!?

先日、人生で初めてビジネスの宣材写真を撮っていただく機会がありました。 知り合いからは、 「胡散臭い」 という声もありましたが、 自分でもそう思います。 なぜなら、表情分析学的に見ると、 宣材写真では、明らかに不自然な表情をしているからです。 宣…