ただの学生が微表情分析のスペシャリストを目指す-志水勇之進-

人種、性別問わず0.25秒以下で起こる表情の微妙な変化や会話の最中に見られるしぐさ。それらは意識的にコントロールできないため、非常に重要なサインであるのに見落とされがち。そんなことに興味を持ち独学で非言語コミュニケーションを学ぶことを決めた、ただの学生のブログです。

嘘・嘘の見破り方

FACS、微表情学、またしぐさなどの非言語コミュニケーションに基づいた嘘の見破り方をご紹介しています。

嘘が嘘ではなくなることがある

以前にも、お伝えしましたが、 私たち人間は嘘とは切っても切り離すことができません。 嘘は一般的には「悪いもの」として 捉えられていますが、「害のない嘘/ harmless lies・white lies 」 という言葉もあるほどで、嘘の定義は広いのです。 また、捜査や尋…

非言語分析は、仮面の下を覗くための術

ごく僅かな時間内で、フラッシュの様に表れる微表情が人の感情を表すことを度々ご紹介させていただいています。 この微表情を読むスキルを磨くと、 他の人が見えていない景色を見ることができます。 ある科学者は、 「表情やしぐさ、声などのボディランゲー…

なぜ表情やしぐさを完全にコントロールすることができないのか?大脳辺縁系・扁桃体と微表情の関係

当サイトでも度々お伝えしていますが、 私たちは、表情やしぐさ、声などの ボディランゲージを完全にコントロールすることはできません。 例えば、何かやましいことがあり、 それについて急に質問された場合。 多くの人は何かしらのサインを知らず知らずのう…

顔が元々左右非対称の人の表情分析

いくつかの研究では、人間の表情や、姿勢が左右対称であることは 見る人にポジティブなイメージを与えることがわかっています。 逆に、姿勢、立ち方が左右非対称だと 相手にネガティブなイメージをもたらすだけでなく、 左右非対称の表情は、 嘘や、ストレス…

嘘をつくことがもたらす利益と、正直者が辛酸を嘗める世の中

前回、嘘をつく、また「模範的嘘つき」という言葉を紹介しながらお話をさせていただきました。*ご覧になっていない方は是非ご覧くださいね↓ www.lietome.me さて、前回も述べたように我々は幼いころから、「嘘つきは泥棒の始まり」という表現や、色々な道徳…

「後退」と「防衛」のしぐさが表す本音

先日から、実際の映像を元に、 しぐさや表情分析をご紹介していますが、 *以前の非言語分析はこちらをご覧ください↓ www.lietome.me また興味深い映像を見つけましたので、 紹介させていただければと思います。 以前、無意識に壁を作る 「防衛」のしぐさにつ…

「模範的嘘つき」とは?子どもが嘘を覚えるきっかけ

ジョージ少年と桜の木 昔、とあるところにジョージ•ワシントンという名前の少年がいました。 ある日、彼は父親に斧をおもちゃとして買ってもらいました。 もらった斧をどうしても試したくなったジョージ少年は、庭にあった桜の木を斧で切り倒しました。切り…

「自分は騙されない」と思っていませんか?「真実バイアス/ truth bias」とは?

以前にもお話ししたように、私達の大半は、嘘を完璧につくことができません。しかし、それでもその陳腐な嘘が見破られずに済むことがありますよね。 一体何故だと思いますか? それは、私達の嘘を見破る能力が極端に低いからです。 その理由の一つとして、「…

刑事ドラマの取り調べ•尋問が嘘を見抜くための正しい方法とは限らない?

嘘を引き出すには、質問の仕方が大事と言われています。その中でも、 質問の状況と方法(内容) この2つを考えて行うことが必要不可欠であると、個人的に思います。 今回は、嘘を引き出すための質問をするときの 効果的な状況についてお話しさせて頂こうと…

「目が笑っていない…」 本物の笑顔と偽の笑顔を見分けるには?

みなさんは、普段相手と話していて、 「この人、本当に心から笑っているのかな」 と疑問に思うことはありませんか? 笑顔は、気持ちを幸せにさせ、相手に好印象を与えるとされていますが、私たちはどのように「笑った顔」を認識しているのでしょうか? 笑っ…

「嘘つきは目を逸らす」は実は正しくない!? 嘘つきの心理から考える

「嘘をついている人は目が泳ぐ」こんな表現を見たことがあります。 嘘をついている人は動揺しているから目の焦点が一点にならずに、色々なところを見る傾向があるということを表しているのだと思います。 しかし、そうとも言い切れない事をみなさんはご存知…

ポリグラフは嘘発見器ですらない!? 新たな嘘発見器とその問題点

以前の記事にて1世紀にわたって世界的に使われている嘘発見器であるポリグラフの限界についてお話しさせていただきました。まずはこちらの記事をご覧頂ければと思います↓ www.lietome.me ポリグラフは噓発見器ですらない? 被験者の生理的変化を測るポリグラ…

子どもはなぜ嘘をつくのか?発達心理学から人が嘘つきになるまで

前にもお話しした通り、人は嘘をつかずにはいられない生き物です。それでは、私たちはどのように嘘をつくことを覚えたのでしょうか? 答えは、「学習」によってです。我々は、子どものときから継続的に、周りの人を観察したり、嘘をつくことを試し、成功や失…

警察や判事は嘘を見抜くことに長けているのか?

以前の記事にて、 「人は10分間の会話で平均3回は嘘をつく」という、マサチューセッツ大学心理学教授のロバート•フェルドマン氏の研究結果を何度かご紹介させて頂きました。 興味のある方は是非こちらの本を読んでみてください↓ // リンク 10分間の会話で平…

今日はエイプリルフール。良い嘘・優しい嘘は存在するのか?

今日は4月1日、エイプリルフールですね。 「嘘をついていい日」 としてかなり浸透していますが、 「嘘」に興味がある私としては かなり興味深い日なのです。 今日は、そんな「嘘の日」について 少し執筆させて頂こうと思います。 エイプリルフールとは? エ…

古代では嘘はどのように測られていた?

今回は、「嘘」発見に関係することを 執筆させて頂ければと思います。 さて、人間は誰でも嘘をつきますよね。 大きい嘘から小さい嘘まで。 「嘘をついたことはない。」という方はその時点で嘘を1つついたことになります アメリカ マサチューセッツ大の心理…

嘘発見器 ポリグラフの信憑性は充分高いのか?

今回は 「嘘」についてお話しさせていただきたいと思います。 さて、さっそくですが、嘘はどのように測られるのでしょう。 また、嘘をついているかどうかを見抜く術はあるのでしょうか。 Truth or Lie? 簡潔に答えを言うと、あります。 ただ、現在使われてい…

サイコパスが嘘つきの天才と呼ばれる理由

突然ですが、みなさんは、最近どんな嘘をつきましたか? また、その嘘は成功しましたか?(バレなかったか) 小さい嘘でもいいですので、ぜひ、思い起こしてみてください。 死んだふり? どうですか? 多くの人は、 「嘘をバレないようにつく能力」 「嘘を見破…

「言動の矛盾」が表す偽りの感情

今回は、嘘を見破る手がかり第三弾! 「言動の矛盾」についてお話しさせていただければと思います。 その前に 第一弾、第二弾をご覧になっていない方は下記のリンクよりぜひ 閲覧いただければと思います! www.lietome.me www.lietome.me 言動の矛盾 さて、…

脳を落ち着かせる「なだめ行動」とは?

前回、微表情を応用した嘘の見破り方 の1つ「左右非対称の顔」を紹介させていただきました。ご覧になっていない方は下記のリンクからどうぞ↓ www.lietome.me さて、今回は、表情ではなく、 「しぐさ」に注目していきます! しぐさから見る嘘発見の手がかり…

嘘の手がかり「左右非対称の顔」

今回は、微表情分析を応用した嘘の見抜き方について紹介させて頂きます。 さて、突然ですが、個人的に 「嘘をつかない人間はいない」 と思います。 みなさんはどう思いますか? 生まれてから今まで、一度も嘘をつかない人は存在するのでしょうか。 嘘をつく…