ただの学生が微表情分析のスペシャリストを目指す-志水勇之進-

人種、性別問わず0.25秒以下で起こる表情の微妙な変化や会話の最中に見られるしぐさ。それらは意識的にコントロールできないため、非常に重要なサインであるのに見落とされがち。そんなことに興味を持ち独学で非言語コミュニケーションを学ぶことを決めた、ただの学生のブログです。

表情分析ツール "FACS”とは?

今回は私が独学で勉強し、最終試験を突破し取得した表情分析ツールである、:"FACS/ファックス"についてご紹介させて頂ければと思います。

FACSとは

FACS (Facial Action Cording System/ 顔面動作符号化システム)は、

1978年にアメリカの心理学者 Dr. Paul Ekman/ポール•エクマン氏、Dr. Wallace Friesen/ワレス•フリーセン氏らによって開発された表情分析ツールで、

解剖学的観点から表情筋の動きに基づいて作成され、顔の一つ一つの動きを定義

したものです。

 

また、2002年にはFACSの改訂版が発表され、41もの表情の動きが定義されました。(32個のAction Units (AU)9個のAction Descriptor (AD)に分類されます)

 

このAU やAD、また顔の向きや目の視線の動きがFACSによって定義されたことによって、顔の動き一つ一つの符号化が可能になりました。

 

つまり、FACSコーダー(FACSを学び、精通し、最終試験を突破した者を指します)は、表情の動きを、AUやADらを組み合わせて、符号化していくのです。

 

かなりわかりづらいと思いますが…

 

例えば、AU4/エーユーフォーは、

両眉が共に下がる動きを表します。

このAU4は主に2つの筋肉の収縮が関係しています。

  • 両眉を共に動かす:corrigator supercilii muscle/皺眉筋(しゅうびきん)
  • 両眉を下げる働きをする:procerus /鼻根幹

従って、眉が共に下がる動きは、これら2つの筋肉の収縮から成り、

FACSを使用した際、この筋肉の動きが見受けられた場合、AU4として符号化されます。

*厳密には これに加え、intensity: 顔の動きの強さを5段階(A〜E)に分けて分析する必要があります。

 

例えば、AU4(両眉が共に下がる動きの場合)、眉が通常の位置からどのくらい下がったかを分析するのです。

 

FACSを学ぶためには開発者である ポール•エクマン氏のウェブサイト から、公式なマニュアルを購入し、学び、

最終的には試験に合格する必要があります。

 

このマニュアルですが、500ページ超に渡り、1つ1つの表情の動きや、強さの分析の仕方が実際の写真や動画と共に詳しく説明されています。

最終試験では、実際に人が会話をしている場面を録画されたビデオの中での表情の動きを分析していきます。

 

FACSの実用例

FACSは現在、さまざまな分野に応用されています。

例えば、アニメーションでのキャラクターの表情の動きの作成でもFACSが使用されています。

そのおかげで、近年のアニメーションではある感情を表す際に正しい表情筋が動くようになり、よりリアルになったと感じます。

 

また、一般的に表情表出や、表情やしぐさを読み取ることに難しさを抱えている方々に対して、感じている感情と一致する正しい表情を表すことを教えたり、

相手の表情を認識し、相手の感じている感情を汲み取る練習などにもFACSで得た知識が活きるかと思います。

(↑実際にアメリカ•バークレーにて参加したFACSのセミナーで出会った友人が行なっている活動です)

 

FACSは非常に専門的であり、また複雑なため読者の皆様には伝わりづらいとは思います。

 

興味がある方はぜひ、エクマン氏の 公式ウェブサイトをチェックしてみてください↓

www.paulekman.com

ありがとうございました🐈

 

参照

Ekman Paul, Friesen Wallace, Hager Joseph (2002), Facial action coding system: a technique for the measurement of facial movement.


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村