ただの学生が微表情分析のスペシャリストを目指す-志水勇之進-

人種、性別問わず0.25秒以下で起こる表情の微妙な変化や会話の最中に見られるしぐさ。それらは意識的にコントロールできないため、非常に重要なサインであるのに見落とされがち。そんなことに興味を持ち独学で非言語コミュニケーションを学ぶことを決めた、ただの学生のブログです。

元野良の先住猫と保護猫との暮らし

今回は、微表情や心理学の話から外れて、うちの猫たちを紹介させて頂きたいと思います🐈🐈

 

今現在、うちには猫が2人。

 

f:id:Lietome:20200210004727j:plain

↑先輩ネコの みー (推定 12歳)



 

f:id:Lietome:20200209150329j:plain

元保護猫の、後輩ネコ うめ (3歳)



みーは、元々野良ネコで、前に住んでいた家の近辺にいました。

 

人懐こく、いつのまにか家のベランダに現れては、窓の外で鳴き、窓を開けると家の中に侵入し、ご飯を食べ、のんびりして、外に出たくなるとまた「ニャー」と鳴き、出て行く。

 

というのんびりした生活を送っていました。

(なので正確な年齢がわからず、「推定」と書かせていただきました。)

 

本当に人懐こい性格で、基本誰でもすぐにさわることができます。

また、当時、かなり広い範囲でみーを見かけていたことから、近所の色々な方々のお宅にも同様に伺ってご飯を頂いたり、可愛がってもらっていたのだと思います。

 

もちろん、現在の家に引っ越す際には近所の人方から許しを頂き、

みーも一緒に引っ越すことができました。

元野良なので、外に出たがります。

たまに散歩やベランダにでて日向ぼっこをしています。

 

うめは、ちょうど2年前に、保健所から

家族に迎えいれた、元保護ネコです。

保健所には、うめと同じく里親を待つネコたちが数多くいました。

気持ちとしては全員家族に迎えたかったのですが、それは叶わず。

縁もあり、うめを迎えることに。

ビビリな性格で、慣れるまではずっと隠れていました。

f:id:Lietome:20200209151502j:plain

↑うちに来た当初の うめ



 

また、先住ネコである みー との関係が心配でした。予想通り、当初は うめに対して威嚇?(上下関係を教えているという説もあります) を繰り返していましたが、今では仲良しに。

 

f:id:Lietome:20200209151718j:plain

↑よく見ると違いますが、少し柄など似ている2人



 

うめは食に対してもの凄い執念を持ちます。ご飯を取られないように(誰も奪わないのですが)、ほかの場所に持っていって食べています。

おそらく、前に暮らしていた家では、多頭飼いの環境で、満足にご飯が食べられなかったのかと思っています。

 

f:id:Lietome:20200209152126j:plain

↑体の大きさが全く違う2人です。



ざっくりとしたネコたちの紹介でした。

度々みーとうめは記事に出没すると思いますので、楽しみにしていただければと思います。

また、上記で軽く触れましたが、

 

保健所にあふれる 里親を待つ猫たちの現実や問題を改めて当ブログで紹介させて頂きたいとも考えていますので、

 

そちらも良かったらぜひご覧ください。

 

ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村