ただの学生が微表情分析のスペシャリストを目指す-志水勇之進-

人種、性別問わず0.25秒以下で起こる表情の微妙な変化や会話の最中に見られるしぐさ。それらは意識的にコントロールできないため、非常に重要なサインであるのに見落とされがち。そんなことに興味を持ち独学で非言語コミュニケーションを学ぶことを決めた、ただの学生のブログです。

心理学・「Lie to me」との出会いとの出会いと新たなる進路

今回は、前々回、そして前回の記事に続く、なぜ私が微表情、非言語コミュニケーション、そして心理学に興味を持つようになったかについてお話しさせて頂けたらと思います。

前々回、また前回の記事をご覧になっていない方は、まずそれらをご覧いただければと思います↓

www.lietome.me

www.lietome.me

 

さて、心疾患を患い、そして不信感に囚われていた私は、高校サッカー最後の夏を無念に終えました。

 

以前に味わった、人に対しての嫌悪、不信感から、人に対して深入りすることを控えるようになったと同時に、人の心を理解したいと考えるようになりました。

 

人と交わることよりも、人を観察することに楽しみを見つけた私でしたが、当時何も心理学への知識がなかったまま

大学受験を控えていました。

 

ただ、その時点では心理学ではなく、

元々興味のあった英語を用いて

国際的な問題の勉強をしたいと考え、

別府の、とある大学に入学することを

自分勝手に決めました。

 

結果としてAO入試で受かることができましたが、その大学一択であり、もし落ちることがあれば浪人するつもりでした。

 

別府への、大掛かりな引っ越しの後、

英語などの必修教育を受けた前期を終え、後期を迎えました。

その一つの授業で、英語開講の心理学入門の授業を受けた私は

 

衝撃を受けました。

 

また、家族が兼ねてから見ていたアメリカのドラマシリーズである

“Lie to me/ライ•トゥ•ミー-嘘の瞬間-"という微表情を長年研究するアメリカの心理学者、ポール•エクマン氏監修のドラマに夢中になりました。

(科学的に裏付けされたドラマでおすすめです!また後の記事でもお話しさせて頂ければと思っています)

 

 とても面白いのでぜひ見てみてください。

私も全シリーズ持っています。

 

 

このドラマにて「人間嘘発見器」である主人公が、微表情やしぐさを見破ることにより、様々な事件を解決していきます。表情を読むことができるTim Roth/ティム•ロス氏演じる主人公の自信満々な態度、そして人間嘘発見器としての主人公の唯一無二の存在感。

純粋に「かっこいいな。」

と思うと同時に人の心を次々と理解していくことに対して

 

羨ましく思いました。

 

これらが今の私に大きく影響を与えたと思います。

 

上手くは言えませんが、

ネガティブでしかなかった過去の経験が、少しポジティブなものになった感じがしました。

 

「自分のやりたいことはこれだ」と。

思いました。

 

そこからは心理学一筋に。

私のよく言われる短所(自分は強みと考えていますが)の一つとして、頑固であり、興味のあるものができると、それ以外に意識がいかない。というものがありまして…

当時通っていた大学に心理学部がないことから、他大学に編入することを決心します。

色々調べた結果、選んだのはフランス。元々フランス語に興味があったのと、年間に発生する学費が恐ろしく安いのが相まって、私の意識はフランスの大学進学に向かっていきました。

 

その後、資金を貯めるため数々のアルバイトを経験し、

2017年9月、リヨン第二大学 語学学校に進学し、大学進学を目指し、フランス語学力を上げることに努める日々をおくっていました。

2018年1月か、2月。

外国人(EU外フランス学士課程入学) のためのフランス語試験を受け、

第一志望であったリヨン第二大学心理学科への入学資格を得ることができました。

 

しかしながら、

-心理学を勉強するにあたって、最も研究が盛んなのはアメリカやイギリス。

-また、文献の多くはフランス語ではなく、英語で発表されていること。

-自分の健康状態。

 

以上のことをふまえ、実家から通えることが出来る、日本にあるアメリカン大学に入学し、英語で心理学を学ぶことに決めました( 現在通っている大学です)。

 

こう振り返ってみると、色々と遠回りに遠回りを重ねた進路ではありますが、

自分自身が選び、経験してきたことに後悔はしていません。

 

また、過去に経験した挫折や絶望感

が、皮肉にも今の自分を充実させてくれる、また常に興味を持たせてくれるものに巡り合わせてくれたこと。

 

今では過去の経験を少し前向きに捉えることができています。

 

そのおかげで

現在、自分のやりたいこと。

をやれることができる環境。

それに感謝をし、日々過ごしています。

 

前々回、前回の記事に引き続き、

私個人的な経験に基づいたお話で

申し訳なく思います。

 

これらは個人的な意見であり、

全ては、少しでも微表情やノンバーバルコミュニケーションに興味をお持ちいただければ という心構えで記事を執筆させていただいております。

 

読者の皆様の中には これら、一連の記事を読んで不快に思った方もいるとおもいます。

 

少しでも、微表情、心理学、FACSに興味を持っていただけたら…

という気持ちで執筆させて頂いた次第です。

 

ありがとうございました🐈

 


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村