ただの学生が微表情分析のスペシャリストを目指す-志水勇之進-

人種、性別問わず0.25秒以下で起こる表情の微妙な変化や会話の最中に見られるしぐさ。それらは意識的にコントロールできないため、非常に重要なサインであるのに見落とされがち。そんなことに興味を持ち独学で非言語コミュニケーションを学ぶことを決めた、ただの学生のブログです。

なぜ感情をコントロールできない人がいるのか? 話題沸騰中の新たな知能指数「EQ」とは?

突然ですが、私は駅や電車、

人が多く集まるところが苦手です。

なぜかというと、

人の不快な言動を目の当たりにする可能性が高くなるから」です。

 

日常的に電車を使い、移動するようになった高校時代からほとんど毎朝のように

駅のホームや電車の中で 

突然怒鳴り始める人や、相手がされて嫌なことを平然とする人とほとんど毎日遭遇していました。

 

正直、人にうんざりしていました。🐈

 

それと同時に、不思議でなりませんでした。

なぜ自分の感情をコントロールできない人がこんなにも多いのかと。

f:id:Lietome:20200318144521j:plain

暴力的になる人も


もともと都会が好きではありませんでしたが、毎朝そのような人たちを見るのを避けるために一度別府への大学進学を決意したほどです。(もちろんそれだけが理由ではなかったのですが)

 

急いでいる朝や、車の運転中など。

これらの状況である程度ストレスが

発生するのはわかります。

ただ、そのような状況でこそ、

人の「ある能力」が丸裸になると

私は考えています。

 

その能力とは、先ほどもチラッと

述べましたが、ずばり、

自分の感情/情動を認知し、コントロールする能力」です。

EQとは?

みなさんは、「EQ」という言葉を聞いたことはありますか?

 

あれ?「IQ」じゃないの?

 

と思った方も多いと思います。

 

IQ(知能指数)とは、Intelligence Quotientの略で、ご存知の通り人の知能レベルを数値化したものです。

 

今回はIQではなく、「EQ」というものを皆さんにご紹介させて頂けたらと思います。

こころの知能指数

EQとは、Emotional Intelligenceの略で、「こころの知能指数」を指します。

「こころの知能指数」とは、知能テストで測定されるIQとは質の異なる能力を意味します。EQを研究している心理学者、ダニエル•ゴールドマン氏は、それらを以下のように定義しています。

-自分の本当の気持ちを自覚、尊重して、心から納得できる決断を下す能力

-衝動を自制し、不安や怒りのようなストレスのもとになる感情を制御する能力

-目標の追求に挫折したときでも楽観を捨てず、自分自身を励ます能力

-他人の気持ちを感じとる共感能力

-集団の中で調和を保ち、協力しあう社会的能力

などなど。

これらの能力のことを

「Emotional intelligence/こころの知能指数」

すなわち、EQと呼びます。

 IQ v.s. EQ

さて、IQこそが、その人が成功するかどうかに大きく影響しているという考えがメジャーでしたが、

近年、EQの能力の影響が重要視され始めてきました。

ゴールドマン氏は、EQこそ人生を幸福に生きるために重要な能力であるとしています。

 

もちろん、高いIQを持っている人は、高い知能や学習能力を備えている傾向があると考えられているので、

効率的に物事を行う部分に関しては優れているのかもしれません。

 

しかし、学生時代に知能において優秀だった同級生などを思い浮かべてみてください。

その人たちは例外なく社会に出て

突出した活躍、成功をされているでしょうか。

 

必ずしもそうではないでしょう。

 

-秀才で、名誉ある名問大学から入社してきたが、我を通し過ぎて同僚や上司と衝突した結果、すぐに辞めていく。

-今まで優秀であった子供が、一つの大きな挫折を経験した結果、それっきり引きこもりがちになった。

 

などの話をよく聞くことがあります。

 

一体彼らはどこでつまずいたのでしょう。彼らの

IQは高かったけれどEQが低かったからだ

というのがダニエル•ゴールドマン氏の意見です。また、私も同様の意見です。

 

みなさんはどう思いますか?

 

IQが人生において大きな役割を持ち、人を評価する材料に使われるのは

せいぜい学生時代の学問や、就職活動においてのみで、

 

その後の人生を豊かにするのはEQの能力である。と私は思います。

 

自分や他人の気持ちを理解し、

自分の情動をコントロールする能力。

 

今回はそんな「EQ」という

概念のご紹介でした。

 参照したゴールドマン氏の本の和訳版です。EQについての説明のみならず、EQの育て方など、ほかのコンテンツも面白いので、興味のある方は是非ご覧ください↓

 

ありがとうございました🐈

 

参照

Goldman, Daniel. (1995). Emotional Intelligence: Why it can matter more than IQ. 


人気ブログランキング

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
にほんブログ村