ただの学生が微表情分析のスペシャリストを目指す-志水勇之進-

人種、性別問わず0.25秒以下で起こる表情の微妙な変化や会話の最中に見られるしぐさ。それらは意識的にコントロールできないため、非常に重要なサインであるのに見落とされがち。そんなことに興味を持ち独学で非言語コミュニケーションを学ぶことを決めた、ただの学生のブログです。

甘えることを覚えてきた元保護猫の心の変化

保護猫支援活動に興味があることから、

保護猫について色々と調べていると、

たびたび、我が家の元保護猫うめちゃんと初めて会ったときのことを思い出します。

 

うめ🐈とは、動物愛護センターにて

出会いました。家族で愛護センターに出向き、里親になるための説明を受け、

保護されている猫ちゃんたちひとりひとりと面会することになったのですが、

一際小さく細く、またひどく怯えている

猫を見つけました。

f:id:Lietome:20200323045453j:plain

↑愛護センター時代のうめです。 瞳孔が開いて、怯えているのがわかりますね。(「譲渡されました!」とあるのは、うちが迎え入れた後だからです)



 

この猫は抱っこしても問題はないとのことなので、代表して私が抱っこしてみることに。

身体の線が細く、プルプルと震え、また緊張して身体が固まっているのが手の感覚から伝わってきました。

しかし、暴れることなく抱っこされると、うめは、私の脇の下に顔を埋めたのです。

よっぽど怖かったんでしょうね。

顔を隠すと、少しでも安心するようです。

その後、他の保護猫ちゃんたちとも会って周りましたが、私は うめのことが忘れられず、協議の結果、うめを家族として迎え入れることに。

 

動物愛護センターには他にも多くの保護猫や犬がおり、みんなどこか寂しげな表情をしているのが忘れられません。

できることなら全員連れて帰りたかったのですが、そうはいきませんので、

今はできること、保護動物活動支援を

できる範囲で行って、将来本格的に力になれればと考えています。

 

うめが来たのは2年前の2月。

梅の花が綺麗に咲いていた時期でしたので、「うめ」ちゃん という名前をつけさせてもらいました。

お察しの通り、女の子です。

 

f:id:Lietome:20200323050355j:plain

家に来て数日は、もちろん新しい環境に慣れず。自分の部屋から出てきませんでした。


また、先住猫の みーから

威嚇を喰らい続けていたのも

思い出します。

f:id:Lietome:20200323050541j:plain

↑普段は温厚な みー先輩。 当時は上下関係を教えていたのでしょうか?



 

次第に時間が過ぎ、うめは夜になると

ケージからリビングに出てくるようになります。

f:id:Lietome:20200323050744j:plain

少しずつ距離が縮まります。


そして、なぜか後に私のストーカー化し始めるのです。(嬉しいですが)

 

f:id:Lietome:20200323050818j:plain
f:id:Lietome:20200323051209j:plain
ストーカー証拠写真



食欲旺盛なこともあり、いまでは

とっても丸々してきましたが、

先住猫のみーセンパイに比べると

遠く及ばず。

f:id:Lietome:20200323051115j:plain

少しずつまるまるとしてきました。


私が感じた大きな変化は、

最近うめが甘えることを覚えたことです。

元々おとなしい性格ですが、臆病で、

抱っこは長い間されませんし、人にくっつくタイプではありませんでした。

しかし、最近心を許したのか、それともみー先輩が甘えるところをみて覚えたのかはわかりませんが、

人に甘えてくるようになりました🐈

そして昔の名残なのでしょうか、

f:id:Lietome:20200323051528j:plain
f:id:Lietome:20200323051520j:plain
安心するのか、何かに顔をうずめるのが好きみたいです。





うめは膝にのると、必ず顔を人の脇に埋めたがります。安心するんでしょうね。

 

これからも、うちの猫たちが安心して、幸せに暮らせるように。また、保護猫や犬、また他の動物達のために微力ながら支援活動をさせていただきたく考えております。

 

ぜひ一度各地域の保健所や動物愛護センター、個人や団体で活動されている方々を検索してみてください。

また、よろしければ、保護猫に関する過去の記事もご覧ください↓

 

www.lietome.me

 

 

www.lietome.me

 

ありがとうございました🐈

 


人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村