ただの学生が微表情分析のスペシャリストを目指す

人種、性別問わず0.25秒以下で起こる表情の微妙な変化や会話の最中に見られるしぐさ。それらは意識的にコントロールできないため、非常に重要なサインであるのに見落とされがち。そんなことに興味を持ち独学で非言語コミュニケーションを学ぶことを決めた、ただの学生のブログです。

今日はエイプリルフール。良い嘘・優しい嘘は存在するのか?

今日は4月1日、エイプリルフールですね。

嘘をついていい日

としてかなり浸透していますが、

「嘘」に興味がある私としては

かなり興味深い日なのです。

 

今日は、そんな「嘘の日」について

少し執筆させて頂こうと思います。

 

エイプリルフールとは?

エイプリルフール /April Fools' Day

とは、毎年4月1日には嘘をついても良いという風習は、世界中で知られていますよね。

 

しかし、エイプリルフールフールの起源というのは実際には正確にはわかっていないのです。

 

イギリスなどではオークアップルデーに倣い、嘘をつける期限を正午までとする風習があるようですし、

一日中嘘をついて良いとされている地域もあるそうです。

 

エイプリルフールは、日本語では直訳で「四月馬鹿」(大正時代にこの「四月馬鹿として広がりました)、

また、フランス語では、Poisson d'avril,/四月の魚 と呼ばれますね。

*フランスに滞在していたときのことですが、

「エイプリルフールはフランス発祥 なんだよ」

とフランス人の知り合いに何度か自慢げに言われたことを思い出します。

 

(フランス留学記はのちの記事にて

執筆させて頂こうと思っていますのでお楽しみに。)

 

嘘が正当化される日

エイプリルフールの1日のみは、嘘をついていいとされていますよね。ということは、エイプリルフール以外では人は嘘をつかないのでしょうか?

 

それはあり得ません。

 

人は嘘をつかずには生きられないのです。

以前の記事にてご紹介させて頂きましが、一般的に、どんな人でも、人は

 

10分間の会話の中で平均3回は嘘をつく」という研究結果が出ています。

 

エイプリルフールにだけは嘘をついても良いと認識されていますが、

 

それは間違いで、我々人間は日常において、嘘をつかずにはいられないのだと、

毎年エイプリルフールを迎える度に考えさせられるのです。

嘘には種類がある?

実は、嘘にはいくつか種類があるのをご存知でしょうか?

元東京地検特捜部検事、若狭勝氏は、嘘は四つの種類に分けられると提言しています。

防御の嘘
背伸びの嘘
欺瞞の嘘
擁護の嘘

 

今回は、その中の一つ、「④擁護の嘘」

に注目していきたいと思います。

(嘘の種類については、改めて後の記事にてまた詳細に紹介させて頂ければと考えています)

「優しい嘘」

「嘘も方便」という言葉を知っていますか?一般的に嘘をつくことは悪いことですが、時と場合によっては嘘が必要な時もあるという意味です。

 

英語では、"The end justifies the means"と言います。訳

すと、目的は手段を正当化するという意味ですね。

 

一般常識として

嘘をつくこと=悪いこと

と認識されていますが、

実際にはどうなのでしょうか?

 

4つの嘘の1つである、「擁護の嘘」は

良心思いやりが根底にあるとされる上でつかれる嘘のことです。

 

あくまでも、それらの良心や思いやりの心が根底にあって、その嘘をつくことで、誰かを救う、または傷つけない場合に限って、その嘘は「擁護の嘘/優しい嘘」と定義されるようです。

 

 

少し待って考えてみてください。

果たして本当にそうでしょうか?

 

f:id:Lietome:20200401040357j:plain

「優しい嘘」は存在するのでしょうか?



 

女性の友達が髪を切ってきて、あなたはあまり似合っていないと思いましたが、

「この髪どう?」と聞かれたので、相手を傷つけないために「似合ってるよ」と嘘をついた。

 

という話は「優しい嘘」、つまり「擁護の嘘」の例として有名です。

 

確かに、嘘をつくことで、女性が傷つくことから救うことはできたかもしれません。

 

しかし、この嘘をついた人の心の根底には本当に良心や思いやりの心しかないのでしょうか?

 

嘘をつくことで、

-その女性の怒りを買わない。

-その女性からの好感度が上がる。

-自分が嫌われずに済む

 

など、多少なりとも自分にメリットがあるから嘘をついているという可能性はあるのかもしれないと考えます。

 

本当にその例は、「擁護の嘘」はあるはずであり、純粋に良心や思いやりの心のみで嘘をつく人もいるはずだ

 

と考える方もいると思います。

 

 もちろん、その可能性はあります。

 

個人的に、非常に興味があるトピックです。嘘に関しては、明らかになっていないことも多いので、色々な考えがあると思いますが、 

 

これからまた色々と勉強して、

将来の研究に繋げられたらと思います。

 

今回は、エイプリルフールにちなんで、

普段私が気になっている「優しい嘘」

についてお話しさせて頂きました。

 

本文にて紹介させていただいた若狭勝氏の著書です。興味のある方は是非読んでみてください↓

 

ありがとうございました🐈

 


人気ブログランキング

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
にほんブログ村