ただの学生が微表情分析のスペシャリストを目指す

人種、性別問わず0.25秒以下で起こる表情の微妙な変化や会話の最中に見られるしぐさ。それらは意識的にコントロールできないため、非常に重要なサインであるのに見落とされがち。そんなことに興味を持ち独学で非言語コミュニケーションを学ぶことを決めた、ただの学生のブログです。

グーグルアドセンス申請に通らないから諦めた!辞めたことでわかった3つのこと

サイト運営者なら誰もが夢見る収益化。その一つの手段として大人気なのが、Google AdSense/グーグルアドセンス。クリック型広告の中でも単価が高いことから、サイト運営者はこぞって天下のグーグルアドセンスに申請します。


しかし、この審査が厳しいのなんの。
いや、厳しいというよりは、よくわからない。

というのも、合格の基準が曖昧なのです。なぜなら、審査の合否と、不合格の場合、ざっくりとした理由しか送られてこないからです。
そのため、ネット上には 「Amazonなどのアフィリエイトは外すべきだ!」とか、「ひと記事の文字数が1000文字以上なければ受からない!」などの数多くの方々の推測によるグーグルアドセンス審査必勝法が溢れていますが、私はどうやっても審査に通ることができませんでした。


そこで、アドセンス審査申請をキッパリと辞めました!


一見、単価が高いクリック型広告をサイトに設置する機会を失っただけかと思いますが、アドセンス申請作業を辞めたことでかなり良いことがありました。今回はアドセンスを諦めたことで個人的に発見できたメリットをご紹介したいと思います。


1. より自分の書きたいように書けるようになった


上記で述べたような、グーグルアドセンス審査基準に対する推測やグーグルのポリシーによると、記事を執筆するにあたり、記事内で使用してはいけない言葉などが一定数あるようです。
例えば、「ギャンブル」や「薬物」、「殺人(事件)」などなど。
もちろん、これらは聞こえの良い言葉ではありませんが、当ブログ上では、これらの言葉を使わざるを得ない状況があります。心理学の概念をご紹介する際の例として、依存症や、ある殺人事件を挙げることがあるのですが、それら、所謂NGワードを使わないと、私が伝えたいことが100%そのまま伝わらず、湾曲されな伝わってしまいます。

グーグルアドセンス申請に全てをかけ、それらNGワードも使えない。またワードチョイス一つ一つに気を付けていると、本当に書きたい記事が書けなくなっていました。

そこで、アドセンス申請をやめたところ、だれにも忖度することなく、

自分が伝えたいことを第一に、記事を執筆できるようになりました。


2.ストレスが減った


正直、グーグルアドセンス審査はかなりストレスが掛かります。多くの経験者の方々には同意していただけると思いますが、申請後、アドセンス審査に必要な時間は本当に不定、まちまちですよね。
申請して何日か後にくることもあれば、2週間以上来ない時もあります。

それだけの時間待ち続けた上、審査に通らなかった時に開示される理由がもの凄く漠然としているので、やる気が削がれてしまいます。


*審査結果を通知される時間が、一定ではなく不定であるのは、しょうがないことですが、心理学的にいうとたちの悪いものでなのです。

可哀想な話ですが、例えば、実験用マウスに電気ショックを与える際、

5分毎などの一定の時間毎に電気ショックを与えられるマウスよりも、

不定期に、電気を与えられるマウスの方が大きなストレスを感じるのです。

いつ電気ショックがくるかわからない。「1分後、それとも2秒後かもしれない…」と常に気を張り、恐怖に怯えるようになるのです。

この状態が続くと、「Learned Helplessness/学習性無力感」 が生じます。

長期にわたってストレスから回避できない状態や環境に置かれた人や動物は、

最後にはその状況から逃れようとする努力すらしなくなってしまう。

という現象を指します。


話を膨らませてしまいましたが、アドセンス審査を待っている私も正にそのような状態でした。いつ審査結果がくるのかわからず、頻繁にメールをチェックしたり、先の見えない収益化に焦ったりしていました。たとえ待ちに待った通知メールが来ても、ここを直せばよいというアドバイスはなし。そのままズルズルと申請を繰り返していれば、アドセンスに落ち続け、ほかの選択肢を探そうとする努力をすることもなく、ずっと収益化はできなかったかもしれません。


今では、アドセンス申請を諦めたことで、ストレスなくサイト運営を楽しんでいます。


3.試行錯誤することでモチベーションが上がった


アドセンスを諦めたことで、当然グーグルアドセンスの単価の高いクリック型広告の設置の夢が叶わなくなりました。が、それと同時に、他の方法を探すことを始めました。その中で、色々な人の体験談や、他の広告のホームページなどを吟味し、色々と自分で考える機会があり、それがサイトの運営をどのようにしたらもっといいものになるのか、自分の伝えたいことはしっかりと伝えられているのかということも再度確認できる機会となりました。


つまり、自分でもっと考えて選択をしていかないといけないという意識が強くなったおかげで、サイト運営に対するモチベーションが高まったのです。


これらが、グーグルアドセンスを諦めた私が、今のところ感じている、アドセンスを諦めたからこそ発見したメリットです。


負けず嫌いなので、アドセンスに落ち、結果諦めたことを「悔しい」「情けない」という思いはありましたが、
成功する可能性が薄く、他でも代替可能である一つのことに固執しすぎていたら、今の発見は無かったなと思います。


グーグルアドセンス申請を今からする方は、是非頑張ってください。
そして、アドセンス審査になかなか通らず、落ち込んでいる方は、是非他の選択肢も考慮に入れてみてください!


ありがとうございました🐈
 


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村