ただの学生が微表情分析のスペシャリストを目指す-志水勇之進-

人種、性別問わず0.25秒以下で起こる表情の微妙な変化や会話の最中に見られるしぐさ。それらは意識的にコントロールできないため、非常に重要なサインであるのに見落とされがち。そんなことに興味を持ち独学で非言語コミュニケーションを学ぶことを決めた、ただの学生のブログです。

集中できない時にはこれを試す!?ポモドーロテクニックとは

自粛中、リモートワークや、自宅で何か作業をする方も多いのではないでしょうか?

そんな時、「なんだか集中できないな」と感じる時はありませんか?


そんな時、是非試して頂きたい方法があります!今回は是非それをご紹介させて頂ければと思います。


ポモドーロテクニックとは?


ポモドーロテクニックとは、時間管理術のひとつです。

1980年代、イタリア人のフランチェスコ・シリロによって考案された時間管理術のようです。

このテクニックの特徴としては、タイマーを使い、一般的には25分の作業と短い休息を繰り返し、作業時間と休息時間を分割することで、集中力を持続させ、生産性を上げることを目的としたものです。ちなみに、 1セットを「ポモドーロ」と呼ぶようです。

 

f:id:Lietome:20200523233830p:plain

25分の集中時間と5分の休憩が1セット。この分数はお好みで変えてもいいと思いますよ。

ポモドーロテクニックを行うのにあたり、準備はとてもシンプルです。

時間を測るタイマーと作業をするもの(パソコンや紙とペンなど)があれば充分なのです。

その際、部屋には他に注意を引く、誘惑をするような物(マンガやゲームなど)がないとより効果的になりますよ。

ポモドーロテクニックでは、

25分集中したら、必ず5分休憩する

というのが鉄則です。

この時間は、人によって変えてもいいと思いますがまずは25分というものを体験してみてください。集中が続く人なら30分。25分も自分にとっては辛いたい方は20分、または15分など、あなた好みに時間を変えてもいいと思います。

 

このテクニックのメリットは、短期集中できること。決められたその時間での生産性が上がることです。

長時間だらだらと作業をやるよりは、25分という短い時間だけその作業だけに集中しようと思えば、充分に集中して作業を行えるかと思います。

逆に、25分経ってまだ集中して作業が続けられそうであっても、作業を一旦止め、しっかりと休憩するようにしましょうね。

そうすることで、次の25分間の作業もよりフレッシュに行うことができますよ。

 

ポモドーロテクニックをやってみた感想

 

実際に私も、大学のある教授の授業で

ポモドーロテクニックを用いて、エッセイを書き上げるという作業をしました。

目の前にはパソコンだけ。携帯は使用禁止。前にいる教授も、自分の論文をまとめていました。多分ですが、その教授は期限間近の自分の論文に取り掛かる時間が欲しかったのだと思います。

それはさておき、結果、かなり捗りました。25分経って、自分の中ではノッてきて、まだまだやれると思うこともありましたが、休憩を少し挟むことによって、次の25分も集中して行うことができました。

個人的に、何かをまとめる作業や頭を使って考えることが求められる作業というよりは、無心にアイデアを書き殴ったりするときにこそポモドーロテクニックが向いているのかと思います。

 

皆さんも是非、一度試してみてくださいね。

 

ありがとうございました🐈

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
にほんブログ村