ただの学生が微表情分析のスペシャリストを目指す-志水勇之進-

人種、性別問わず0.25秒以下で起こる表情の微妙な変化や会話の最中に見られるしぐさ。それらは意識的にコントロールできないため、非常に重要なサインであるのに見落とされがち。そんなことに興味を持ち独学で非言語コミュニケーションを学ぶことを決めた、ただの学生のブログです。

目から相手の感情や気持ちを理解する方法!5つのポイントとは?

新型コロナウイルスの影響で普段マスクをしている方がほとんどだと思います。

その場合、

「顔の大部分がマスクによって隠されてしまうので、表情から相手の感情や気持ちを読み取ることは無理なのではないか?」

という考える方も多いのではないでしょうか?

 

実は、目を観察することによって

わかることは幾つもあるのです。


今回は、目からわかる、相手の感情や気持ちを見抜く5つのポイントをご紹介します!

f:id:Lietome:20200528204222p:plain

目から得る5つの手がかりとは?



1. 目の周りを囲む筋肉「眼輪筋」


目の周りをぐるっと囲むように位置する眼輪筋は、非常に大きな筋肉です。

f:id:Lietome:20200528204428j:plain

目のほとんどの動きにかかわっている眼輪筋は、面積においても非常に大きな筋肉の一つです。



そのため、眼輪筋の収縮がその人の目元を印象付けているだけでなく、多くの目の筋肉の動きにこの筋肉が関わっているのです。


2. 視線の動き


視線の動きが、ネガティブな感情を表すこともあるのは有名ですよね。

ただ、嘘をつくことが上手な人は視線を巧みに操ることができるので、その場合は注意深く観察し続ける必要があります。


ちなみに、嘘のサインとして「視線をそらす」というものが有名ですが、
実は嘘つきほど相手から視線を外さないことが多いのです。
なぜなら、嘘つきは、自分の嘘が相手にバレていないか、疑われていないかをチェック必要があるからです。
また、男女を比べた場合、女性が嘘をつく時は、相手から視線を外さないことが多いようですね。傾向ですので断言はできませんが。


3. 瞬き


瞬きは、反射として無意識に行われることがほとんどですが、意識的にも行われることができます。瞬きが無意識的なものであり、また瞬きの回数が増えた場合、その人はなにか感情的なっているサインかもしれません。


4. 瞳孔の拡大


目を観察するときに私が個人的に意識している部分が瞳孔です。

f:id:Lietome:20200528203825p:plain

図中央の黒目の部分が「瞳孔」です。光への反応とは別に、瞳孔が開いた(拡大し)場合、「恐怖」や「性的興奮」のサインかも。
 
 
なぜ瞳孔がポイントかというと、
瞳孔の動き(拡大•縮小)は意識的にコントロールすることが不可能だからです。
光の加減以外で私たちの瞳孔が開く主な理由は2つ。
 
  1. 恐怖
  2. 性的興奮
 
です。

意外と知られていませんよね。


5. 涙/涙ぐむ、または潤んだ目


目から涙が滴る、涙ぐむ、または目が潤んだりする場合、

以下の、いずれかの感情状態になっていることが予想されます。
-苦痛
-悲しみ
-安堵
-何らかの喜び
-制御不能なほど、笑っている


などなど。

 

どうでしたか?

これらのような相手の微妙な表情の変化から感情や気持ちを見抜く

「表情分析学」または微表情分析学」に興味のある方は、noteのページを是非ご覧ください。↓

note.com

また、これらの本もかなりおすすめです。気になる方は是非読んでみてください↓

 


目は私たちの身体のパーツのひとつに過ぎませんが、しっかりと観察をすることで様々な手がかりを見つけることができると思いますよ。
是非みなさんも、これらのポイントに注目してみてくださいね。


ありがとうございました🐈


人気ブログランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
にほんブログ村