ただの学生が微表情分析のスペシャリストを目指す

人種、性別問わず0.25秒以下で起こる表情の微妙な変化や会話の最中に見られるしぐさ。それらは意識的にコントロールできないため、非常に重要なサインであるのに見落とされがち。そんなことに興味を持ち独学で非言語コミュニケーションを学ぶことを決めた、ただの学生のブログです。

刑事ドラマの取り調べ•尋問が嘘を見抜くための正しい方法とは限らない?

嘘を引き出すには、
質問の仕方が大事と言われています。
その中でも、


質問の状況方法(内容)


この2つを考えて行うことが必要不可欠であると、個人的に思います。


今回は、嘘を引き出すための質問をするときの

効果的な状況についてお話しさせて頂こうと思います。


相手が緊張する状況を作らない


よくあるドラマの取り調べを想像してみてください。


部屋には容疑者と警察が二人きり。
殺風景な部屋の真ん中には机があり、両者向かい合って座っている。

何も話そうとしない容疑者に対して、立ち上がって机を叩き、

「おまえがやったんだろ!」と激昂する警察。

 

f:id:Lietome:20200622174236p:plain



これが、よく見る取り調べまたは尋問の光景ですよね。


正直、ドラマでそのような場面を見かけるたびに悲しくなってしまいます。
ドラマを面白くするためとはいえ、

「ああ問い詰めれば真実が見抜けるのか」


と、間違った情報が浸透してしまっている原因の一つだと思います。


実際に質問する側が威圧的な態度をとっていても、メリットはありません。


それどころか、高圧的な態度や緊迫した空気から

相手は緊張や不安を感じるため、

嘘をつくときに出るサインが、正しく表れないかもしれないのです。


また、嘘発見器のポリグラフで相手の生理反応を測っている場合、

嘘をついたときのストレスの反応ではなく、
取り調べそのもののストレスや緊張から、

生理反応に変化が出てしまう恐れもあります。

*ポリグラフについては以下の記事をご覧ください↓

 

www.lietome.me

 


嘘を見抜くには、当然いくつかのサイン・手掛かりが必要となります。
そのサインが正確に表れないことには

何の手掛かりも無いと同じになってしまうのです。


ではどうすればよいのでしょうか?


ある程度リラックスできる状況を作っておく


嘘へつながるサインや手掛かりが表れるときは、
相手がある程度リラックスしている状況のときに、

ズバッと核心を突く質問をしたときです。


なので、その質問をするまでは、
相手をリラックスさせておきましょう。

落ち着くような部屋で、自由に飲み食いさせておくことも良いかもしれません。


なぜリラックスさせることが必要かというと、嘘

を見抜くためには、相手の基準を知る必要があるからです。
相手が普段どのように話したり、どのような癖があるのかを観察する必要があるのです。


そのベースラインと呼ばれる普段の時と、

質問を投げかけた後の反応を比べることで、相手のストレス度を見ることができます。

 

2つ目のポイント、「質問の仕方」については、

また改めてお話ししたいと思います。


ありがとうございました🐈


人気ブログランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
にほんブログ村