ただの学生が微表情分析のスペシャリストを目指す

人種、性別問わず0.25秒以下で起こる表情の微妙な変化や会話の最中に見られるしぐさ。それらは意識的にコントロールできないため、非常に重要なサインであるのに見落とされがち。そんなことに興味を持ち独学で非言語コミュニケーションを学ぶことを決めた、ただの学生のブログです。

フランスの挨拶「Bisou /Bisous ビズ」とは?フランス留学で驚いたこと

リヨンに留学していましたが、

フランス リヨンの下宿先に到着したとき、まず驚いたことがあります。


それは、フランスの挨拶の仕方です。


マダム エディットのお家のお部屋の一つを借りた私は、当日ようやく下宿先に到着。
玄関を開けると、エディットが手を広げて待っていてくれました。


ハグをするんだなと思い近づくと、
エディットは頬を私の頬につけてきました。

f:id:Lietome:20200626172341j:image


これが私のフランス流の挨拶、
「Bisou /Bisous/ビズ」

の初体験でした。


「Bisou /Bisous/ビズ」とは?


フランス人は挨拶の際、「Bisous /ビズ」と呼ばれるものをします。
要は、頬へのキスのことです。


キスとはいっても、実際には
唇で母にキスをすることはせず、
頬と頬をくっつけて「チュ」と、音を鳴らすのです。


スムーズなBisou /Bisous のやり方

 

スムーズなビズをするための、

ステップをご紹介します!


1. 自分から見て相手の左側の頬から合わせる。
2.頬を付けた時に、口で「チュ」と音を出します。

3.次は相手の右側の頬に自分の頬を合わせます。

4. 頬をつけたときに再び音を出します。

 

f:id:Lietome:20200626172355p:image

 

これを何回繰り返すのかは、

地域によっても人によっても異なります。面白いですね。

 

そんなフランス流挨拶でした!

 

ありがとうございました🐈


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(その他)へ
にほんブログ村