ただの学生が微表情分析のスペシャリストを目指す

人種、性別問わず0.25秒以下で起こる表情の微妙な変化や会話の最中に見られるしぐさ。それらは意識的にコントロールできないため、非常に重要なサインであるのに見落とされがち。そんなことに興味を持ち独学で非言語コミュニケーションを学ぶことを決めた、ただの学生のブログです。

演技力か、美の追求か。

最近、個人的に興味があり、

色々と調べているのが「ボトックス」。

 

実は、表情分析とは決して切り離せない存在なのです。

 

 

ボトックス注入とは?

 

ボトックスとは、ボツリヌス菌から作られるタンパク質の一種で、

A型ボツリヌストキシン毒素

と呼ばれます。

 

ボトックス注入をする理由

 

ボトックス注入は、年齢と共に増える、眉間、額などのシワを目立たなくさせるために行われるもので、表情筋の収縮を抑制する働きを持ちます。

 

表情分析とボトックス

 

上記からわかるように、ボトックスを注入されている方の表情分析は困難です。

 

なぜなら、

単純に表情筋の動きが乏しいからです。

 

国内外問わず、テレビを見ていると、有名人の方、

特に女性はボトックスを打たれてる方が多いことがわかります。

 

私たちの顔は、情報伝達の最重要部分です。

 

顔はその人の印象や魅力などを大きく左右しますので、

美の追求のためのボトックス注入は一つの手段だと思います。

 

ただ、ボトックス注入が問題となる場合があることも事実です。

それは、俳優の方々の場合です。

 

演技をする上で、

表情筋の動きが乏しいと非常に大きな弊害が生まれます。

 

例えば、驚きの表情は

眉が上がり、目が見開き、顎が落ちるような表情筋の動きになります。

その場合、目の周りを囲む眼輪筋や、

前頭筋という、額にある大きな筋肉が収縮して、

多くの人の場合、額に平行なシワができます。

*普段(中立表情/ベースライン)からシワがある人の場合は、

そのシワがより深く、濃いものになります。

 

額に表れるシワも、驚きの表情の認知における大きな手がかりなのですが、

 ボトックスを打っている俳優さんの場合、

額に全くシワができません。

f:id:Lietome:20200727230933p:plain

 

その場合、表情が不自然に感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

表情分析を学んでいる人ならば、

例え額にシワがなくても、眉の上がり方や、上瞼の上がり方、まぶたの緊張の仕方などで驚きの表情と認識することができるかもしれません。

 

それでも、演技という点においては、

観る人に不自然だと感じさせてしまっては、

その時点で問題なのではないかと個人的に思います。

 

もちろん、俳優の方も歳をとるのは当たり前であり、

更に人前に出る仕事をしている以上、見た目には気をつけなければならないのは理解できますよね。

 

それでも、よく言われるのは、

俳優さんは歳を重ねていくと、ある時点で、

「演技か、美か」

選択をしなくてはならないそうです。

 

つまり、

ボトックスを注入しないのか、注入するのか ということです。

 

個人的には、

「俳優」と名乗っている以上、演技力を重視して頂きたいと考えてしまいますが、

それも難しいのかもしれませんね。

 

ありがとうございました🐈


人気ブログランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
にほんブログ村