ただの学生が微表情分析のスペシャリストを目指す-志水勇之進-

人種、性別問わず0.25秒以下で起こる表情の微妙な変化や会話の最中に見られるしぐさ。それらは意識的にコントロールできないため、非常に重要なサインであるのに見落とされがち。そんなことに興味を持ち独学で非言語コミュニケーションを学ぶことを決めた、ただの学生のブログです。

足先が語る本音:若い男女がそれぞれ望んでいたもの

先日、用事があり、久しぶりに駅前を歩いていたときのこと。

 

信号待ちをしていると、

目の前には若い男女が立ち止まり、向かい合って話をしていました。

 

男性は高揚している様子。

声は上擦り、また徐々に大きくなる声で

女性に話してかけています。

 

どうやら、女性を向かいのカフェへ誘おうとしているようです。

いかに喉が渇いたか、向かいのカフェのあのメニューを食べてみたいかを力説しているようで、なんだか高揚していたみたいです。

 

女性はというと、

目を泳がせながらも時折男性の目を見て

軽く頷き、微笑んでいます。

 

 

あまりズバッと断れない方なのかもしれませんが、

男性の誘いに乗りたくない様子でした。

 

なぜなら、

片方の足先は向かいのカフェ、そして男性と別の方向を指していたからです。

また、もう一つの手がかりとしては、

上半身がのけぞっていたこと。

 

人は好ましいと感じている方に引き寄せられ、

好ましくない物から離れる傾向があります。

 

例えば、異臭を放つ腐った食べ物を

いきなり顔のすぐ前に差し出されたときを想像してみてください。

 

多くの方は嫌悪の表情を浮かべながら、

顔を後ろに引くようにその食べ物を避ける反応を示すと思います。

 

その女性の片方の足先は、男性の方でも、

向かいのカフェでもなく自分の向かいたい方角を指し、

f:id:Lietome:20200803180615j:image

 

上半身は男性から離れるように仰け反っていました。

 

時折男性に見せる微笑みも、

目尻にシワは入っておらず、偽の笑顔だったように思います。

(マスクをしていましたが、頬の肉がほんの少しだけ引き上げられていました。少しだけだったので、目尻にシワは入らず。本当の笑顔の場合は、この引き上げが更に大きくなり、目が弧を描いたようになり、露出している部分が少なくなります)

 

しかし、その女性の様子を見て、

「俺の話を聞いてくれている」

と男性は勘違いをしてしまったのか、

女性に対するカフェへの誘いが止まりません。。

 

なぜ、このようなコミュニケーションのズレが生まれたのでしょうか?

 

一般的に男性は、女性よりも表情やしぐさなどから

相手の気持ちを理解することが苦手であることがわかっています。

 

また、

男性は、女性が浮かべる愛想笑いなども、

「自分に対して好意を持っている」

と誤解してしまうことが多いのです。

 

もしかすると、女性が足先を別の方向に向けて、男性からのけぞっていたのは、

その男性が嫌いなわけではなく、

向かいのカフェに行くことが嫌だったのかもしれません。

帰りたかったのか、それとも別の場所に行きたかったのか。

 

わかりませんが…

 

その後、信号が青になり、目の前のカップルは横断歩道を渡り、迎えにカフェの前でまた向かい合って話していました。

 

彼らをもう少し観察していたかったのですが、私はその場を離れたので、その後どうなったかはわかりません。

 

男性は本当に表情やしぐさの読み取りが苦手なのかなと

私自身、周りの人の気持ちをしっかりと汲むことができているのか不安に思いました。

 

ちなみに、前もお話ししましたが、

自分の足先の動きまで意識してコントロールしている方は多くありません。

なぜなら、他人の足先の動きまで観察する人はいないからです。

 

そのため、足が1番正直な部分であると

述べている人もいるほどです。

 

みなさんも、是非他の人の足先の向きや

足の動きを観察してみたくださいね。

 

ありがとうございました🐈


人気ブログランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
にほんブログ村