ただの学生が微表情分析のスペシャリストを目指す-志水勇之進-

人種、性別問わず0.25秒以下で起こる表情の微妙な変化や会話の最中に見られるしぐさ。それらは意識的にコントロールできないため、非常に重要なサインであるのに見落とされがち。そんなことに興味を持ち独学で非言語コミュニケーションを学ぶことを決めた、ただの学生のブログです。

ボディランゲージのパターンから成功するかどうかがわかる?

みなさんは、

人のボディランゲージを分析をすることでその人が成功するかしないか予想できることをご存知ですか?

 

もちろん、成功の定義も曖昧ですし、

ボディランゲージだけがその人のキャリアに影響するわけではありません。

しかし、ボディランゲージコードという技術によって、ある程度その人のボディランゲージのパターンを見抜き、分析することができるのです。

 

ボディランゲージコードとは?

 

ボディランゲージコード/Body Language Code

という言葉を聞いたことはありますか?

ボディランゲージコードとは、

その人のボディランゲージのパターンを分析•符号化することで、その人の成功、キャリアを予想するという技術です。

 

人によってボディランゲージは異なる

 

長年の研究により、

ある一定の万国共通の表情が存在することがわかっています。

*万国共通の7つの表情についてはこちらからご覧ください↓

 

www.lietome.me

 

しかし、表情がどのように表されるか、

どんな時に表されるのか、

またしぐさなどは文化などによって大きく異なります。

 

歩き方一つから、立ち方、座り方、

握手の仕方や、話すときの手振りなど。

考えてみると人によって違うことは明らかですよね。

f:id:Lietome:20200818202428j:image

ボディランゲージコードでは、

それぞれの人によって異なるボディランゲージを観察から見極め、これらのボディランゲージを一つ一つ分析し、どのボディランゲージが有効かつ効果的なのかを考察していきます。

 

ボディランゲージコードの例

 

例えば、何か物や人を手で指すとき、

皆さんならどうしますか?

 

観察していると、2つのパターンを見ることができます。

1. 手の平で対象物を指す人

2. 人差し指で対象物を指す人

 

この場合、どちらがより相手に好感を持たすことができるでしょうか?

 

もちろん、

答えは1.手の平で指す人ですよね。

 

指で対象物を指す直線的な動きは、

攻撃的と認識されることが一般的です。

 

昔から、手は攻撃が行われるための部位であることを私達は知っています。

ですので、私達は無意識な場合も多いですが、手の動きには非常に敏感なのです。

 

そのため、手の平で曲線的な動きで対象物を指す方がより相手に好印象を与え、

その癖を持っている方の方がより、成功しやすいといえるでしょう。

 

対象物を指すときの手の使い方は、

ボディランゲージのひとつの例ですが、

他にも私たちが普段無意識に行なっているボディランゲージには大きな個人差があります。

その人の「癖」と言ってもいいかもしれません。

 

現在、Center for Body Language にて、

ボディランゲージコードについても学んでいます。

8月22日に行います、微表情分析セミナーはおかげさまで、多くの方にご予約を頂いております。

ボディランゲージコードに特化した講座も後々開催していきたいと考えておりますので、興味のある方は是非当サイトをたまに覗きに来てくださいね。

 

ありがとうございました🐈


人気ブログランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
にほんブログ村