ただの学生が微表情分析のスペシャリストを目指す-志水勇之進-

人種、性別問わず0.25秒以下で起こる表情の微妙な変化や会話の最中に見られるしぐさ。それらは意識的にコントロールできないため、非常に重要なサインであるのに見落とされがち。そんなことに興味を持ち独学で非言語コミュニケーションを学ぶことを決めた、ただの学生のブログです。

コロナ渦でマスク着用をしていない人を発見。あなたならどうしますか?

マスク着用が当たり前となった今日、マスクを着用していない方を見ると不快に思われる方も多いのではないでしょうか?

f:id:Lietome:20200903230449p:image

恐怖を感じる反応としては、

それが正常だと思います。

 *詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

www.lietome.me

 

マスク着用は自分を守るだけではなく、

相手に対する配慮の意味も含んでいるので、私も当たり前のように着用していない方を見ると、不思議な気持ちになります。

 

そのような配慮が足りない方がいる一方で、最近、ある事に対して過剰になりすぎている方もよく見かけます。

 

前に、とある用事で外出していたときのこと。

ベンチに3人の男性グループが座って何か食べたり飲んだりしていました。

もちろん飲食の際には、マスクを外して

いましたが、食べ終わった後、数分のことですが、マスクをしないまま会話をしていたのです。

(マスクを着用することを忘れていたのかもしれませんね…)

 

すると近くにいた女性が彼らに近づき、

「マスクをしてください!」

と注意をしていました。

 

指で彼らのことを指し、声も大きかったので、かなり威圧的に感じました。

 

彼らはおそらくマスクをしていないということに負い目を感じているため、その後謝りながらマスクを着用して会話をしていました。

 

その注意をした女性をしばらく観察していたのですが、ある事がわかりました。

 

その女性は、男性グループを注意したのち、ベンチの周りを何度もウロウロしながら、マスクを着用していない方を探していたのです。

おそらくはマスク着用を怠っている方を探し、注意することを目的としていたのかもしれません。

 

もちろん、このご時世でマスク着用に反対する方は少ないと思いますし、

マスクを着けていない方に対して、

マスクを着用するよう促すことは必要なのかもしれません。

 

しかし、私には、その方は注意をすること自体が目的となってしまっているような感じがしました。

なぜなら、自分を守ることが最優先だとしたら、マスクを着用していない方にわざわざ近づいて注意をすることはリスクが伴うからです。

 

注意をされていたその方が悪いとは思いませんが、なんだか不思議な光景でした。

そこまで他人の「あら探し」をしなくても良いのでは?

と思った最近の出来事でした。

 

みなさんはどう思いますか?

 

ありがとうございました🐈


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村