ただの学生が微表情分析のスペシャリストを目指す-志水勇之進-

人種、性別問わず0.25秒以下で起こる表情の微妙な変化や会話の最中に見られるしぐさ。それらは意識的にコントロールできないため、非常に重要なサインであるのに見落とされがち。そんなことに興味を持ち独学で非言語コミュニケーションを学ぶことを決めた、ただの学生のブログです。

苦戦していたアドセンス審査にすんなり通りました。

当ブログを開設してから半年以上が経ちました。

ブログ開設当初はノウハウもなく、収益についても、何も理解していない状況でただ記事を書き続けていました。

 

ブログを開設して数ヶ月後、多くのブロガーさんたちがGoogleアドセンスという、広告収入システムを利用していることを知り、私も申請してみたのですが、

 結果は惨敗。

 

アドセンス申請時にはブログ開設から数ヶ月が経っており、

その時点で文字数が1000を超える、50程の記事を抱えていました。

その点では一般的にアドセンス合格に必要とされる記事数、文字数も問題無かったはずだったのです。

 

しかし、見事に審査に通らず。

 

その理由としては、「コンテンツの複製」や、「コンテンツの価値が低い」といった指摘がありました。

 

その後全ての記事を見返して、コピーチェックなども行い再度申請を繰り返しましたが

審査は覆らず。

なんせ不合格通知の度に50もの記事を見直し、改訂するという作業に疲れてしまっていました。

 

結果として当サイトではGoogleアドセンスではなく

他の広告サービスを利用しています。

 

しかし、先日新た自分のプロフィール用のホームページを

ワードプレスを使用して開設しました↓

志水勇之進/Yunoshin Shimizu | ボディランゲージから本音を見抜く

 

再びアドセンス申請にトライする

チャンスだと思い、勢いで申請してしまいました。

結果はというと…

 

まさかの1発合格

 

申請時のブログの記事数は4つ程かつ、

全てセミナーや講座開催のお知らせでしたので、文字数は1000に満たない程。

 

それでも、多くのブロガーさん、

ホームページ運営者の方々が苦戦するというアドセンスに合格することができてしまいました。

 

なぜ当ブログは受からず、

記事数の少ないホームページはすんなりと審査に通ったのか。

 

個人的には、「質」だと思います。

 

当ブログでは、微表情やしぐさ、心理学から猫、留学情報まで幅広く扱っており、また心理学や猫、留学などは言ってしまえば多くの人がネタにしているものだと思います。

 

それに比べてホームページでは、

主にプロフィールや開催しているセミナーや講座についての情報を掲載しております。それも一見多くの方と同じような内容に思えますが、

「微表情」やしぐさなどのボディランゲージに特化したホームページとなっているため、独自性が高いと思っています。

 

もしかしたら独自性/オリジナリティという点で評価されたのでは?

 

と勝手ながら推測しております。

 

偉そうに言える立場ではありませんが、これからアドセンス申請へのアドバイスとしては、記事が少ない状態で申請をされることをお勧め致します。

 

申請時に必要と言われている最低記事数や文字数は、あくまでも推測に過ぎません。

当ブログのように、数十もの記事を抱えた状態で不合格通知を突きつけられると

それら全てを見直し、改訂する必要があるということなので絶望的な気持ちになります。

 

そんなことよりも、もしかしたら

気長に、気楽にアドセンス審査を待つことの方が大事なのかもしれません。

 

ありがとうございました🐈


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村